Q29’s diary

DTMをしています。音楽機材の話が多いですが、ゲーム・プログラミングなどにも興味があるので、そちらも話題に出します。

【音楽制作100日100曲】 8日目 - チルアウト・エレクトロニカ

 100日チャレンジ8日目。

 →100日チャレンジってなに?

 

 昨日は100日チャレンジを休みましたからね。本日は心機一転、8曲目をせっせと作りましたよ。

  前回までの曲と聴き比べると、明らかに「短時間で作れる曲」の傾向が見えますね……。様々な曲調で作れるようになるべきか、今できることを突き詰めていくか。

 

 今のところは、「今できることを突き詰めていく」方向で行くつもりです。何故かと言うと、先に自分の強み・売り・立ち位置・キャラクターを確立した方が、曲を聴いてくれる人の印象に残りやすいからです。印象に残ると、曲をだけでなく作り手側にも興味がわき、ファンになってくれるかも知れません。

 確かに、幅広いジャンルをカバーできればその分多くの人に聴いてもらえる可能性が生まれますが、その人の好みに合うジャンルの曲しか聴いてもらえないでしょう。聴く曲数が少ないので、作り手への興味が生まれず、気に入った曲があればそれだけダウンロードしてすぐ忘れられるでしょう。私も、聴いた曲数が少ない人のページを再び訪れることは稀です。更新しているか見に行くなんて特に時間がかかることでは無いのですが、単純に面倒なんですよね。

 特定のジャンル一点突破にすれば、好みのジャンルが合致した人は曲を沢山聴いてくれるでしょう。そうすると「自分がどんな曲を作っているか」をわかってもらえるので記憶に残りやすなります。そして「いい曲も悪い曲もあるけど、この人の作風が好き!」と言ってくれる人、ファンになる人に出会える可能性が生まれます。

 そういうわけで、これからも同じよ~な曲ばっかり作りますよ! 一体何人が聴いてくれてんだって問題はありますけどね! HAHAHA!

 

 そういえば、私が好きなLUNKHEADというバンドが売れてない時期に作った「僕と樹」という曲があります。これは作る曲が「誰にも聴かれない」ことに対して、「自分は何も残せずに死んでいく、誰にも憶えてもらえず、忘れ去られるのか」といったことを歌にした曲だそうです。たしか。違ったらごめんなさい。

 

僕と樹 (new ver.)

僕と樹 (new ver.)

 

 歌詞もいいし、アウトロで感情のままギター掻き鳴らすのもカッコいい! ぜひ聴いてもらいたいですね。

Amazon.co.jpアソシエイト